朝食用に作ったおかずに喜ぶ旦那

今日収穫した私が冬に種蒔きして温室で育てた弱々しいチンゲン菜数個。
これを使って明日の旦那の朝ご飯のおかずを作ると言っていましたが、ウインナーはやめてベーコンと大雑把に切った小さいわずかなチンゲン菜をオリーブオイルで炒めて塩コショウで味付けしました。
かなりシンプルで簡単な料理です。
それに旦那の好きなスクランブルエッグも作って同じお皿に盛り、明日の旦那の朝ご飯のおかずは完成しました。
ラップをしてテーブルの隅の方へ置いておきました。
用があって外出していて外出先で夕ご飯を済ませた旦那が帰宅しました。
我が家は台所と廊下が一緒で、玄関から洗面所の方へ行くにも寝室から洗面所の方へ行くにも全て台所を通ります。
すぐ気付くだろうと思っていたけど、最初はそのお皿の物にどうやら気づいていなかったみたいで、旦那がお風呂を終え、洗濯機を回しながら一緒にテレビを見て、テレビを見終わって一緒に洗濯物を干しに洗面所へ行く時、台所の灯りをつけたら旦那にお皿のおかずの存在がバレました。
一緒に洗濯物を干しながら、あれ、俺の明日の朝食のために作ってくれたんだね、嬉しいと喜んでくれました。
全然手の込んだ料理でもないし、本来なら朝起きて作ってあげるべきなのに、すごーく簡単で、しかも夜作ったおかずに喜んでくれるなんて作って良かったなと思いました。
いつも朝食は勝手にパンや前の晩の残り物を食べてって感じで作らないから、作ってくれたってことが旦那にはすごく嬉しかったんでしょうね、おかずが何であったとしても。
あんなに喜ぶってことは、やっぱり朝食を作ってほしかったってことですよね。
これから仕事が忙しくなってきっとパンだけじゃお腹が減るだろうし、作れる時は作るよう努力してみようかな。
手抜き間違いなしだけど。
今夜みたいに旦那が外出していると作り置きしておきやすいんですけどね。
シンプルなおかずだから味は悪くはないと思うけど、明日はしっかり食べて仕事へ行ってもらおうと思います。